• AIRA BEAR'S BAKERY 谷山店

     

    2009年〜
    イケダパン(鹿児島県姶良市)

     

    トータルブランディング

    (コンセプト、ネーミング、キャラクターデザイン、パッケージデザイン、コピー、

    店舗、店員の制服からメニュー、プライスカード、広報物etc)

     

    art director:Shoichiro Takei

    graphic designer :Shoichiro Take
    copywriter :Shoichiro Takei

    producer : Eriko Kunikata

    Architecture :Crafta

    photo : Studio Work

     

    「あいらぐま」とは、2009年にデザインしたラスクのパッケージに使ったキャラクターです。

    イケダパンが鹿児島の自然豊かな姶良という場所に工場がある事から、自然の豊富さを活かす象徴的なビジュアルが創れないかと考え、

    「あらいぐま」と「姶良」を融合した架空のキャラクター「あいらぐま」をデザインし、その「あいらぐま」が山奥で動物の為にカフェを経営しているというストーリを作りました。

    全ての店舗はそのカフェをパン屋さんとして現実世界に再現させる事を基軸にデザインしています。

     

  • UTSUKUSHI MUGI MISO

     

    2015年〜
    新原味噌醤油工場(鹿児島県薩摩川内市)

     

    トータルブランディング

    ●コンセプト ●ネーミング ●ロゴ ●コピー ●パッケージ ●サイト ●ポスター ●リーフ ●紙袋

     

    graphic designer :Shoichiro Take

    copywriter :Shoichiro Takei

    producer : Eriko Kunikata

    photo : Studio Work

     

    1905年(明治38年)創業の老舗の醸造会社です。ロゴは創業時に近くにあった「川内川」から水を汲んでいた事から、

    「川内川」と漢字で書き、味噌や醤油が日本の伝統食である事から、ひらがなの「留め、はらい」を用いました。

    特に、このみそで作ったお味噌汁は、非常に優しく、豊かで上品な味がすることから、あえて「美しい麦みそ」と銘打ちました。

    金泊を施した黒地のふたは、戦国武将の長持やかつての献上品のような格式ある趣を醸し出しています。

     

  • YUMEICHI SUISAN

     

    2015年〜
    夢一水産(鹿児島県長島町)

     

    トータルブランディング(コンセプト、ネーミング、パッケージデザイン、コピー、店員の制服からプライスカード、広報物etc)

     

    (2015年度かごしまの新特産品コンクール協会理事長賞受賞)、

    (2016年度、2017年度かごしまの新特産品コンクール日本百貨店協会会長賞受賞)

     

    graphic designer :Shoichiro Take

    copywriter :Shoichiro Takei

    producer : Eriko Kunikata

    photo : Studio Work

     

    夢一水産は、この島で生まれ育った職人が地元や近海の新鮮な海の幸をこだわりの製法で、加工・販売しています。

    商品は日本の伝統食である「しめ鯖」と洋食のマリネやスモーク類があるので、「しめ鯖」には日本ならではの 意匠性が高い「ひらがな」を用いた会社のロゴを新しくデザインし、

    洋食類には、マリネがフランス語に 由来していること、魚好きな象徴としてフランス種の「子猫」をモチーフにし、南欧育ちの舌の肥えた子猫がはるばる「長島」に迷いこみ、

    長島のおいしい魚料理の中でもとっておきの商品を紹介し、みんなをハッピーにしていく…という物語を作り、

    それに合った キャラクターデザイン《長島シャトン》を商品ロゴとしました。

     

  • Next Life, Vege Life

    2016年

    株式会社オキス

     

    トータルデザイン(ブランドコンセプト、ロゴ、ネーミング、パッケージデザイン)

     

    (日本パッケージデザイン大賞2017銅賞受賞、2017年度ドイツIFデザインアワード受賞)

     

    graphic designer :Shoichiro Take

    producer : Eriko Kunikata

    copywriter :Shoichiro Takei

    photo : Studio Work

     

    オキスは農家から規格外の物も全て購入し、ひと手間加えて市場に出します。
    県産野菜や国産の果物を砂糖や塩、添加物を使わず仕上げた「チップス」2種、また、小麦や油を使わず、県産のさつまいもや紅茶、

    しょうが、ごぼう等を使用した「スティック」2種。

    どれもが、体に優しく安心して食べられます。ネーミングの「あしたのおやつ」とは健康志向の次世代へ引き継がれるお菓子という意味です。
    パッケージに施した数字は、新しい「定番」になるよう願いを込めデザインしました。素材の良さを活かした内容物に合わせ、

    色は4種とも商品画像以外ほぼ、使用していません。

All Posts
×